「サンドキャッスルグアム」に行ってきた。

サンドキャッスルグアム

サンドキャッスルグアム

サンドキャッスルとは、1990年12月に太平洋地区では類を見ない本格的なエンターテインメント専用シアターとして誕生しました。

創始者のマーク・S・バルディガ氏の「日本から一番近いアメリカであるグアムで、世界的レベルのアメリカン・エンターテインメントを。」と言うコンセプトのもと、数年ごとにその時代の感覚、舞台芸術のトレンドを取り入れたオリジナルのショーを上演してきたそうだ。

サンドキャッスルの舞台

サンドキャッスルの舞台

そして、2009年のショーは「ドリーム」という舞台。実際に見に行ってみました。何個かプランがあるのですが、カジュアル・ディナープランは$89で「ディナー+ショー」が楽しめるプランのこと。

ショー単体のプランはカジュアル・「観ショー」プランで$69であることを考えると、食事は1人$20だしいいか、と思いこのプランを選択。

しかし、実はこのプラン、飲み物は別代金。選べるのはハンバーグかミートスパゲッティのどちらか。私の嫁が肉が嫌いなため、別の特注メニューを作ってもらったところ、+$30かかりました。お酒類は$8くらいですが、別代金だということを知っておいたほうがいいでしょう。

ちなみに料理の味は正直、あまりおいしくありません。私がセレクトしたのはパスタだったのですが、麺がソフト麺のようになっていて、あまりにも柔らかいのです。これはビックリしました。しかも、最初のスープが出てくるまでに30分かかり、言わないと持ってこない・・・。日本の感覚で考えていると、びっくりします。

しかし、この後のショーはとても素晴らしかったです。

イリュージョニスト「アンソニー・リード氏」によるエンターテインメントショー

イリュージョニスト「アンソニー・リード氏」によるエンターテインメントショー

イリュージョニスト「アンソニー・リード氏」が圧倒的に華麗な手品のショーをみせてくれるかと思ったら・・・・。

力強いショー

力強いショー

アクロバットダンサー達が棒を使った力強い筋肉を生かしたショーをみせてくれます。

しかも、途中、ホワイトタイガーが現れたときは本当にビックリしたのですが、現れ方はここでは書かないでおきます。

結局、食事はよくないものの、ショーは最高で満足でした。サンドキャッスルに行く方は、食事を他の場所で食べてショーだけ見ることをお勧めします。

This entry was posted on 日曜日, 9月 20th, 2009 at 5:54 PM and is filed under グルメ・食事, タモン地区. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Post a Comment